中古マンションと中古戸建を購入する際のそれぞれのメリット・デメリット

物件を購入する際には、新築の物件だけでなく、中古物件という選択肢も入ってきます。

しかしながら、安く済むというだけで中古物件を選ぶことは失敗する原因となります。

また「人が住んだ物件はちょっと…」と考える方でも、中古物件のメリットを知ることで中古物件も良いかも!と思うかもしれません。

本記事では、中古物件を購入するメリットとデメリットについて解説していきます。

最後まで読むことで、どういったことに注意して物件を購入すればいいのかも分かります。

ぜひご覧ください。

中古マンションを購入するメリット・デメリット

まずは中古マンションを購入するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

中古マンションを購入するメリット

中古マンションを購入するメリットは以下の3つです。

  • ・価格が安い
  • ・実際に物件を見てから購入できる
  • ・リフォームやリノベーションを行いやすい

順番に解説していきます。

メリット1:価格が安い

新築のマンションを購入するのに比べて、中古マンションは価格が安いです。

そのため新築マンションを購入するのと同じ価格でより設備の整った物件を購入できたり、購入の費用を抑えたりできます。

メリット2:実際に物件を見て購入できる

新築のマンションを購入する場合は、モデルルームを見て購入するかを決めることが多いです。

そのため実際に入居してみてイメージと違うという事態になる可能性もあります。

中古マンションなら、購入前に間取りや日当たりなどを確認することができるため、実際に住んでから後悔することを防ぐことができます。

メリット3:リフォーム・リノベーションを行いやすい

中古物件を購入する場合は、新築購入に比べて費用を抑えることができるためリフォームやリノベーションを行いやすいです。

リフォームやリノベーションを行えば、古いマンションであってもキレイにしたり、理想の間取りを実現したりできます。

ただしマンションの場合は、リフォームやリノベーションできる場所が限られるので必ず事前確認を行いましょう。

中古マンションを購入するデメリット

中古マンションを購入するデメリットは以下のようになっています。

  • ・設備が古いことが多い
  • ・全ての場所をリフォーム・リノベーションできない
  • ・修繕積立金が高くなりがち

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット1:設備が古い

古いマンションであればあるほど設備が古いことが多いです。

ウォシュレット付きのトイレや、追い焚き機能付きのお風呂は古いマンションにないことも多いので事前に確認しておきましょう。

デメリット2:全ての場所をリフォーム・リノベーションできない

先ほど少し触れましたが、マンションは共用部分もあるため、全ての箇所をリフォーム・リノベーションできるとは限りません。

結果として古い箇所を改修できないままにするしかないということもあります。

改修できる箇所とできない箇所を購入する前に確認しておきましょう。

デメリット3:修繕積立金が高くなる

新築でも中古でも共用部分の維持・修繕を行うために必要な修繕積立金がかかります。

中古マンションの場合は、新築の場合に比べて設備の維持・修繕にかかる費用も増えるため修繕積立金も高くなる傾向があります。

購入前にはマンションの購入費用だけでなく、修繕積立金についても調べておきましょう。

中古の戸建物件を購入するメリット・デメリット

続いては中古の戸建て物件を購入する際に知っておきたいメリットとデメリットについて解説していきます。

中古の戸建物件を購入するメリット

中古の戸建物件を購入するメリットは次の4つです。

  • ・価格が安い
  • ・リフォーム・リノベーションを行える
  • ・立地条件に恵まれていることが多い
  • ・エアコンなどが既に設置されていることがある

詳しく見ていきましょう。

メリット1:価格が安い

中古マンションと同じく、中古の戸建物件も新築購入に比べて割安で購入可能です。

浮いたお金でリフォームやリノベーションを行ったり、高性能な家電を揃えることもできます。

メリット2:リフォーム・リノベーションが行える

購入費用が安い分、リフォームやリノベーションにお金をかけることができます。

中古物件は設備が古かったり、少し汚い見た目の場合もありますが、リフォームやリノベーションを行えばそういったデメリットを打ち消すことが可能です。

メリット3:立地条件に恵まれていることが多い

駅チカの物件など立地条件の良い土地は既に建物が建っていることがほとんどです。

そのため立地の良い場所に新築物件を建てることは難しいと言えます。

一方で中古の物件なら、立地の良いところに建てられた物件が売られることもあります。

そのため立地条件の良い物件を購入したいなら、中古物件がおすすめです。

メリット4:エアコンなどが既に設置されている場合がある

全ての中古物件に当てはまるわけではないですが、エアコンや食器洗い乾燥機などの設備がすでに整っている場合もあります。

新築を建てる際に追加で10万円以上の費用がかかるエアコンや食洗機が付いていれば、かなりお得と言えるでしょう。

中古の戸建物件を購入するデメリット

中古の戸建物件を購入するデメリットは以下のようになっています。

  • ・設備が古い
  • ・新築に比べて維持費がかかる
  • ・理想の間取りでないことが多い

順番に深堀りしていきます。

デメリット1:設備が古い

中古の戸建てもトイレや浴室などの設備が古いことが多いです。

ウォシュレットや追い焚き機能などがないと不便に感じる方もいるでしょう。

リフォームやリノベーションで設備の古さはカバーできますが、お金はかかってしまいます。

少しでも費用を抑えたいなら、設備についての確認も忘れずに行いましょう。

デメリット2:新築よりも維持費がかかる

新築に比べると、中古の物件は設備のメンテナンスにお金がかかることが多いです。

中古で購入自体は安いですが、生活していく上である程度お金がかかることを理解しておきましょう。

デメリット3:理想の間取りでない

マイホームといえば、自分の理想が詰まったものだとイメージする方もいるのではないでしょうか。

中古物件の場合は、前に住んでいた人の理想の間取りであって、あなたの理想とは限りません。

そのためマイホームに対するこだわりが強い方には合わないと可能性があります。

もし理想の間取りに近づけたいなら、リノベーションを行うのもおすすめです。

中古マンション・戸建てを購入する際の注意点

新築の物件を購入する場合に比べて、中古マンションや中古の戸建てを購入する際には気をつけるべき点が多いです。

以下ではどういった点に気をつけて中古物件を購入すれば失敗を防げるのかを解説していきます。

築年数を確認する

事前に築年数を確認しておきましょう。

たとえ見た目がキレイであっても、リフォームやリノベーションを行った後である可能性があるからです。

古い物件であればあるほど老朽化が進んでいる可能性が高かったり、改修のための費用がかかったりします。

見た目だけを重視せず、築年数も確かめるようにしましょう。

耐震性を確かめる

新築物件を建てれば、現在の建築法が適用されるため、耐震性が保証された建物となります。

一方で中古物件の場合は、耐震基準が古いときに建築された可能性もあるため大きな地震が来た際に危険を伴う可能性も高くなってしまいます。

1981年の6月1日以降に建てられた物件であれば、新耐震基準をクリアした物件なので安心です。

たとえ見た目が新しくてもリノベーションやリフォームによってきれいになっただけということもあります。

中古物件を購入する際は、見た目だけでなく、いつ建てられた物件なのかも必ず確認しましょう。

床下や天井裏など見えない場所も確認

壁や床など見えている部分がキレイでも、床下や天井裏などがキレイとは限りません。

とくに古い物件だと老朽化していたり、シロアリが住み着いていたりする可能性もあります。

見学を行う際には、見える部分だけでなく、見えない部分までチェックすることが重要です。

中古マンション・中古戸建てをお得に購入するなら関西不動産エージェント

中古のマンションや戸建てを購入する場合、一般的には購入費用以外に仲介手数料がかかります。

せっかく中古物件を購入しても、仲介手数料に高い費用がかかってしまっては意味がないと考える方も多いのではないでしょうか。

関西不動産エージェントなら仲介手数料が最大無料または半額になるので、他の仲介業者を利用するよりもお得に物件を購入できます。

関西で中古物件の購入を検討している方は、ぜひ関西不動産エージェントにおまかせください。

中古物件を購入するメリット・デメリットまとめ

いかがだったでしょうか。

中古のマンションや戸建て物件を購入するメリット・デメリットを解説してきました。

新築よりも安く購入できる、実際に下見を行ってから購入を検討できるというメリットがある一方、設備が古い、維持費が新築よりも高くなるといったデメリットが存在します。

中古物件と新築物件のどちらを購入するべきという正解はありません。

本記事で紹介したメリット・デメリットを参考にして中古と新築どちらの物件を選ぶべきか検討してみてください。

また中古物件の購入の際には関西不動産エージェントにお声がけ下さい。

仲介手数料が半額または最大無料となるので、100万円以上お得に物件を購入できる場合もあります。

売却査定や購入のお問合せはこちら

この記事の筆者

関西不動産エージェント

不動産業界は、とても閉鎖的な業界で 一般の方にとって情報があまり開示されておらず、お客様が損をしていることに気づいていないケースがたくさんあります。
そういった閉鎖的な業界の“当たり前”を変えていきたいという熱意で関西不動産エージェントのサービスを開始致しました。
そしてこのコラムでは宅地建物取引士、建築士等を所持しているエージェントが、お客様のライフワークにおいて大きな負担となる不動産コストを賢く節約するための情報を中心に提供していきます。
不動産の購入や売却をご検討の方の参考になれば幸いです。